職場に尊敬できる上司がいない=成長できないは間違い【私が成長できた理由】


「職場に尊敬できる上司がいない」と思っているあなたにとって、尊敬できる上司とはどんな人ですか?

以下のアンケート結果の中に、あなたが考える尊敬できる上司があるのではないでしょうか。

【図1】今までに尊敬する上司に出会ったことがありますか?

20代が憧れる「理想の上司像」とは? 男性と女性で求めるものがこんなに違う

【図2】上司のどんな点を尊敬しています(ました)か?(複数回答可)

20代が憧れる「理想の上司像」とは? 男性と女性で求めるものがこんなに違う
引用:エン転職

それとは逆に、自分の上司がどれにも当てはまらない!だから尊敬できないんだ!とも思ったことでしょう。

職場に尊敬できる上司がいないと、次のようなデメリットを抱えてしまいます。

  • モチベーションが上がらない
  • 成長ができない
  • 仕事がやりにくい
  • 学べることがない
タカヒロ

尊敬できる上司がいたら、自分も見習って成長できるのに・・・そう思ってしまいますよね?

もちろん尊敬できる上司がいたら、メリットは沢山あります。

ですが果たして本当に、尊敬できる上司がいないと成長の妨げになるのでしょうか?実はあなたが少し見方を変えるだけで、格段に自分を成長させることができるんです!

かくいう私も、前職まではなかなか尊敬できる上司に巡り合えないと悩んでいました。でもあることに気づいたおかげで、今では自分が格段に成長していると実感できています

今回はどのようにして、成長を実感できるようになったのかをご紹介します。

目次

なぜ尊敬できる上司がいないと思うのか

まずは、なぜ尊敬できる上司がいないと思うのかを掘り下げて見ていきましょう。

自分の理想が高い

そもそも尊敬できる上司がいないということは、よくあることです。

冒頭でも言いましたが、あなたが思う尊敬できる上司とは、どのような人でしょう?

  • 人望があって頼りがいのある上司
  • 部下の面倒見が良く、成長を助けてくれる上司
  • 仕事をバリバリとこなし、常に実績を上げている上司

先ほどのアンケートを基に考えると、このような上司を理想としてるのではないでしょうか。

タカヒロ

たしかに、こんな上司がいたら尊敬できますね

ですが、このようなことを全て兼ね備えた人は、実はほんの一握りなんです。自分の上司とはかけ離れてると感じるのは無理もありません。

なぜなら、部下からの人気投票で出世するわけではないからです。

以前別の記事でも紹介しましたが、勤務年数や年功序列で昇進できてしまった人も多いのです。

詳しく知りたい方はこちらの記事をどうぞ↓

それでは仮に、先に上げた尊敬できる上司がこのような人だった場合、あなたにはどう映りますか?

  • 人望があって頼りがいはあるが、女性関係や自分にはだらしない
  • 部下の面倒見が良く成長を助けてはくれるが、恩着せがましく強引
  • 仕事をバリバリこなし常に実績を上げているが、ワンマンでノウハウを教えてくれない

赤線と青線のどちらを重視するかによって、見方が変わってくるのではないでしょうか。

タカヒロ

尊敬より、残念な人という印象になっちゃったなぁ

もし青線部分を重視してしまう人ならば、少し理想が高すぎるのかもしれません。

視野を狭くして考えている

なにも尊敬できる上司が、直属である必要はありません。規模にもよりますが、他の部所や社内全体に一人も尊敬できる上司はいないでしょうか?

現社長はどのようにして登りつめたのか創業者はどのようにして会社を築きあげたのか、あなたはご存知ですか?

探してみること・探ってみることは大切です。

タカヒロ

会社を築きあげるってものすごいことなので、尊敬ですよね!

視野を広げることで、今まで見えていなかったものが見え、新たな気づきが生まれます。

それが自分を成長させる第一歩となりますよ!

私が成長できた理由

私も前職まで、尊敬できる上司がいないことに悩んでいました。

特に入社したての頃はやる気に溢れていましたし、理想の上司を勝手に思い描いたりして、自分がどのように成長していくのかとワクワクしていました。

しかしいざ働いてみると、「業績ばかり気にしてミスをすると怒鳴り散らす上司」に、「面倒な仕事は後輩に押し付ける先輩」、理想の尊敬できる上司はいませんでした。

尊敬できる上司がいないので、冒頭のデメリットで挙げたように

  • モチベーションが上がらない
  • 成長ができない
  • 仕事がやりにくい
  • 学べることがない

そう思っていました。

やりがいも持てないままなんとなく仕事を続けていたのですが、このままではなんの成長もなく未来も見えてこないと、転職を考えるようになった時のことです。

私を変えた友人の一言

居酒屋で友人と飲んでいた時に、私は今の現状を愚痴りました。

タカヒロ

尊敬できる上司がいないから、今の会社じゃ成長できない!モチベーションも上がらないよ~!

すると友人がこう言ったのです。

友人

お前ずいぶんと他人任せだな。成長は自分でするもんじゃないのか?

よくよく考えてみると、たしかに友人の言う通りでした。

尊敬できる・できないを勝手に判断していたのも自分だし、成長させてくれるのが上司、モチベーションや仕事のやりにくさも上司次第と上から目線な考え方をしていました。

上司や先輩への見方を変えた

そこから私は上司や先輩に対して、どこが尊敬できない部分なのか、尊敬できるところはないかを考えてみました。

  • 業績ばかり気にして怒鳴り散らす上司→人一倍仕事にかける思いは強く、決断力がある
  • 面倒な仕事は後輩に押し付ける先輩→ムードメーカーで気配り上手

周りにいる人それぞれに、尊敬できる部分を探しました。

完璧な人なんていない。ですが、誰しもが尊敬できる部分を持っていることに気が付いたのです。そしてその尊敬できる部分は人によって違うこと。

一人からではなく、それぞれの尊敬できる部分から学べることがあるのです。

自分自身を見直した

それから自分自身の見直しもしました。他人から見て、自分はどこに尊敬されるところがあるのだろうと思ったからです。

自分自身を見直すために、まず自分の強みはなにかを考えました。

その時にすごく役に立ったのがリクナビのグッドポイント診断です。

グッドポイント診断がめちゃくちゃ役立つ

リクナビに登録することで利用できる「グッドポイント診断」は、転職をしなくてもとても役立ちます。「自分の長所を知る」ということは仕事上ではもちろん、様々な人間関係に影響してきます。友人関係、恋愛などで上手くいかなかったことが、自己分析しただけで「サラッと」上手くいってしまうことがあるんです。

タカヒロ

「自分はこういう人間だ」とすぐ言葉に出来ないのは痛手ですよ

もちろん、転職活動で自己アピールをする上では自己分析は必須です。上辺だけのアピールはすぐに見透かされてしまうので、これを機に自己分析をしてください。自分に合った職を見つける上でも重要ですよ。

ちなみに私は「悠然」「挑戦心」「親密性」「受容力」「感受性」が強みでした。

これ、かなり当たってました(笑)30分かかるのですが、その分かなーり本格的。細部に渡って診断するので、詳細にグッドポイントを見つけることが出来ますよ。

自分で気付けない長所も教えくれたので、以前よりも格段に自分に自信を持つことができるようになりました。

\5分無料登録でグッドポイント診断を利用する/

強みを生かすにはどうしたら良いか、逆に足りない部分はどう補強していくかを考えることは、すごく自分を成長させてくれたと感じます。

グッドポイント診断は転職後にも有利!

ほどなくして別の理由で今の会社に転職したのですが、前職で得たことはとても有利に働きました。

私にとっては会社にいる誰もが教科書であり、尊敬できる人達なのです。

尊敬できるところを見つけ学ぶ。これだけで格段に仕事の吸収率が上がりました。

タカヒロ

もちろんモチベーションも高く保てますし、精神的にもとても楽になりましたよ!

そして、グッドポイント診断で自分の強みを知れたおかげで、転職サイトでの仕事探しもスムーズにいきました。もし今転職を考えていて、自分に合った職があるか不安な人には、転職エージェントに登録するのもオススメです。

まとめ

尊敬できる上司がいることは、とても幸福なことです。しかしせっかく尊敬できる上司がいても、自ら学ぶことをしなければ成長には繋がりません。

もし友人の言葉が無ければ、私は今頃「年功序列で昇進した無能」になっていたでしょう。

  • 尊敬できる完璧な上司などほとんどいない
  • 尊敬できる部分は誰にでもある
  • 自分を成長させるのは自分自身

このことが分かれば、もう「尊敬できる上司がいない」なんて悩むこともなくなるはずです。

そしてこの成長が、いずれできる自分の部下に尊敬される上司となるでしょう。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる