【教育係必見!】仕事が遅い人をデキる人へ変化させる指導方法6選

「時は金なり」

社会人となり、慌ただしい毎日に追われる中で、時間の貴重さを改めて感じた人も多いはず。お金も大事ですが、時間は限りあるもの。できるだけプライベートの時間を増やし、人生を充実させたいと思いますよね。

タカヒロ

そのために仕事は効率を求めたい!

しかし、同じ会社に属する労働者でも、みんなが同じ能力をもっているわけではありません。特に、仕事がやたらと遅い人が身近にいると、同じ雇用条件なのに仕事量も責任も全く違うなんてことも…。

多くの場合、仕事ではチームプレーが求められるため、自分の業務だけではなく、チームごと・部署ごとの進捗を共有し、互いに協力しあう必要があります。

タカヒロ

遅い人の仕事をフォローした結果、残業なんて絶対嫌だ…。

今は仕事が遅く戦力外な彼らをデキる人材にパワーアップさせることができれば、職場全体の効率が劇的に上昇します。さらに、あなたのマネジメント力や根気強さが評価されるメリットも!

この記事では、部下の仕事が遅い理由とすぐに実践できる対処法をご紹介します。ぜひ快適な環境づくりの参考にしてみてくださいね。

サイト運営者

 

タカヒロ

・とりあえずで医療系の会社に就職。やりがい感じずダラダラ仕事。
・当時の口癖「仕事めんどくせぇ〜」
・一念発起して8年目にして転職。
・新しい会社で人間関係に恵まれ、年収600万で生き生き仕事中

目次

なぜ彼らの仕事は遅いのか?

近年、部下を教育するにあたって「指導」と「パワハラ」の線引きが難しくなってきています。少子化が進んだ結果、過剰に大事にされてきた若者が、叱咤激励を攻撃だと勘違いするケースもあります。

あなたが「成長して一人前になってほしい」と思ってかけた言葉も、部下が非難と受けとった場合、必要以上に彼らを傷つけてしまいます。すると、部署内の雰囲気も悪くなり、あなたの評価が下がる可能性もあります。

タカヒロ

部下に寄り添った指導になるよう、なぜ彼らの仕事が遅いのか、理由を知ることが重要です。

仕事が遅い6つの理由
  1. コストを考えないから
  2. 努力だけでも評価されると思っているから
  3. ミスが多く頻繁にやり直しているから
  4. 計画性がないから
  5. 完璧主義だから
  6. 残業代を稼ぎたいから

1.コストを考えないから

自分のために勉学に励んだ学生時代とは違い、社会では利益に貢献することが求められます。その対価として、賃金が支払われるのです。しかし、目の前の作業で頭がいっぱいな人は、自分の仕事が最終的に会社の利益につながることに気付いていません。

仕事の遅さやミスをフォローしてもらうことで、先輩・同僚などの仕事も増えてしまいます。すると、職場全体の効率が低くなってしまい、結果的に会社に損害を与えているのです。

2.努力だけでも評価されると思っているから

努力さえしていれば、結果が伴わなくとも称えられたのは学生まで。会社に雇われて給料をもらっているからには、成果が求めれられるのは当たり前。しかし、学生時代から考え方が変わらず、努力さえしていれば良いと勘違いしているのです。

このタイプは指導する際にも注意が必要です。本人はもう十分努力しているため、「これ以上どう努力すればいいの?」と追い詰められてしまいます。たとえあなたが正論をもって指導しても、本人は能力以上の仕事を押し付けられたと思われてしまいます。すると最悪の場合、パワハラを訴えられる危険性も…!

3.ミスが多く頻繁にやり直しているから

ミスが多いと、やり直しや修正に時間がかかり、仕事の質が下がるだけではなくスピードが遅くなります。原因は、本人の性質の場合もありますが、中には職場の雰囲気によってミスが引き起こされているケースも。

職場環境が原因でミスが多くなる例

  • なごやかな雰囲気で緊張感が薄れ、集中力が低下してミスをする
  • 過度な緊張感の雰囲気に委縮してミスをする
  • 周囲の人や音が気になりミスにつながる
タカヒロ

集中できる環境は人によって違うんです。

温かい職場環境はとても素晴らしいもの。ですが、人によっては成果が下がってしまう要因にもなります。また、あまりにも注意力が欠如している場合、ADHDなどの疾患を抱えているケースも。

4.計画性がないから

  • 優先順位の判断ができていない
  • 取り掛かる作業を気分で選ぶ
  • 締め切りから逆算しない
  • 机の上が汚く、必要な資料がすぐ出てこない

仕事のスピードを上げるには段どりがとても大事。しかし、世の中には納期や優先順位を意識せずに仕事を始める人が存在します。そんなタイプに限って、「報連相」を軽視しがち。そのため、1人の計画性の無さがチーム全体の効率を下げるという負の連鎖につながってしまいます。

タカヒロ

社会人にとって、スケジュール管理は信用にもつながります。

また、計画性がない人は必要な資料やデータを前もって準備するという考えはありません。そのため、緊急で必要な書類が出ても、発掘するのに時間がかかります。すると、本人の業務だけではなく、チーム全体の業務がストップすることもしばしば…。

https://twitter.com/Risa_YS/status/1362047344213069825
タカヒロ

大事な書類が行方不明になるって大事件ですよね。

5.完璧主義だから

細かいミスまで気になり、「だいたい終わった」が許容できないタイプ。勉強ができる真面目な性格の人が多い傾向にあります。さらに、“自分はできる”という過信もあり、周囲に助けを求めることが苦手な人もいます。

タカヒロ

学生時代は優秀だったんだろうなぁ~。

しかし、優秀であったために、誰かに指図された経験が少なく、アドバイスを素直に受け取ってくれない事も…。遅れて提出する100点より、前倒して提出する80点の方が良い時もあることに気付いていないのです。

6.残業代を稼ぎたいから

意図的にダラダラやっている確信犯。自分の利益しか考えていないため、周囲に迷惑をかけても罪悪感はありません。

“残業=頑張っている人”という考えが一般的だった時代は過去のもの。現在は、残業を事前申請制にするなど、努力・工夫して定時に帰る人が評価される流れになってきています。

しかし、残業=努力という価値観が残る職場も多く、残業代稼ぎを無くすのは難しいもの。そして、仕事は処理能力の高い人にどんどん割り振られていくので、仕事の遅い人は仕事量もどんどん減っていきます。

タカヒロ

楽なうえに残業代ももらえるなんて不公平すぎる!

仕事が遅い人をデキる人へ変化させる指導方法6選

相手にストレスを与えてしまう言動は、職場の雰囲気が悪くなるなど、あなたにとってもデメリット。最悪の場合、あなたが加害者となり居場所どころか職を無くす危険性も…。そんな未来を防ぐためには、遅い原因タイプ別に適した指導をする必要があります。

1.遅い原因を知る

仕事が遅い人の様子をじっくり観察しましょう。原因が1つの場合もあれば、性格も含め様々な要因が組み合わさっている場合も。指導する際には、それぞれの原因に沿った方法をとる必要があります。

タカヒロ

するどい観察眼は大切なビジネススキルですよ!

特に、仕事が遅いことを本人が自覚している場合は、慎重に指導する必要があります。正論をかざすだけでは、部下を傷つけ、存在価値を否定することになりかねません。丁寧にコミュニケーションを重ねるためにも、部下の勤務態度や人柄をじっくり観察しましょう。

2.仕事の遅さを感情的に責めない

「余裕で終わる計画だったのに、いつもアイツのせいでギリギリ…。」

タカヒロ

そんな状況が続くと、だれだってイライラしますよね。

しかし、「作業が遅い!迷惑!なんとかしてほしい!」という主張は指導ではなくただの文句。言われた本人だけではなく、周囲の人からみても、ただの悪口だと思われてしまいます。

また、「アイツはマイペースだからな~」など、仕事と性格を関連付けた発言を本人の前で言うのも極力控えましょう。嫌味と受け取られ、あなたの助言や提案を素直に聞いてくれなくなる危険性ががあります。

愚痴は仲の良い同僚や信頼できる友人との飲みの席でぼやく程度に抑えましょう。

3.進捗状況をこまめに確認する

「報連相」はどんな職場でも基本中の基本。ですが、仕事が遅い人は基本をおろそかにしている可能性があります。相手の報告を待っているだけでは、一向に業務は終わりません。あなたからこまめに確認しましょう。

ただし、努力しているのにムダが多く、作業が進まないタイプもいます。そのような部下には、せかすような言い方をしないよう注意しましょう。相手は今以上の努力を強いられたと感じ、精神的に追い詰めてられてしまいます。

進捗確認の悪い例

・まだできていないの?
・いつできるの?
・できるだけ早く終わらせて
・はぁ~(ため息)

このような対応ばかりだと、

仕事が遅い部下

能力以上の仕事を強要するのはパワハラ!

と言われかねません。対策として、ゴールや時間を明確にしましょう。主観的な要素を極力減らしたうえで、「一緒に努力しよう」という姿勢を見せることで、相手に誠意が伝わります。

進捗確認の良い例

・この部分を○時までに終わらせよう
・ここまでできたら報告してね
・細かい部分よりも、おおまかな部分を先に取り組んでね
・報告する前に自分で最終確認してミスを減らしてね

マニュアル等、作業時間がおおよそわかる場合は目標時間を提示しましょう。また、ミスが多くなる部分もある程度予想できる場合は、先に伝えておきましょう。

4.改善点を提案する

仕事が遅い原因をつきとめたら、改善方法を考えましょう。仕事の遅い人は、どうすれば効率化できるのか考えたこともない人もしばしば…。そもそも自分の仕事に無駄があることをわかっていないことが多いのです。

仕事を効率化するための改善例
  • 他の人と比較し、省けるところがあったら指摘する
  • 行き詰まった場合は、一旦別の作業をわたす
  • 一緒に目標から逆算して計画をたてる
  • 優先順位を確認し合う
  • 机の整理整頓をさせる

仕事が遅い人には、作業の本質を理解してもらう必要があります。そのために、改善点を伝える際は、どういう理由で効率的なのか、どんな意味があるのかも一緒に教えてあげましょう。

指導する際は、イライラやムカムカを表面に出さないよう注意しましょう

自分で気付いて改善できるようになると、いわゆるデキる人へ昇格します。しかし、気付かないことには一向に改善できず、永遠に仕事が遅い人のまま。円滑に仕事を進めるためには、通常業務に支障が出る前に、まわりの人たちでフォローし合い、改善していく必要があります。

タカヒロ

長期的に考えると、根気よく丁寧に指導するのが一番の近道なんだ!

5.上司やメンターに相談する

あなたよりもマネジメント経験がある人に相談してみましょう。多くの場数を踏んでいる人ほど、同じような問題に直面したことがあるはず。実際に成功した事例を学ぶことで、あなたの指導力向上にも役立ちますよ!

また、立場が上になるほど、誰の仕事がどの程度進んでいるかなど、現場の状況が見えずらくなるもの。相談という名目のもと、チーム内の様子を報告することもでき、角が立ちにくいメリットがあります。さらに、上司もあなたに頼られたことを嬉しく思うはず。

タカヒロ

すぐに活かせる仕事のノウハウはとても貴重!

6.良いところは積極的にほめる

円滑に指導をするためには、指導する側と受ける側の信頼関係が大切。そのためには、「あなたという人間をしっかり見ていますよ」という姿勢を見せる必要があります。

どんなに些細なことでも良いので、彼らの長所を探してみましょう。本人が気付かないほど小さな美点である方が、サプライズ的で嬉しいもの。

小さな長所の例

  • 元気にあいさつができる
  • 敬語を使える
  • さわやかな笑顔
  • 感受性が豊か 等

なにか1つでも見つけられたら、どんどんほめましょう。最初は恥ずかしいかもしれません。ですが、意外にもほめられることと同じくらい、ほめることも気持ち良いと気付くはず。どんどんほめるうちに、

仕事が遅い部下

自分は認められているんだ

と、部下が感じるようになります。すると、認めてくれたあなたや職場に応えたい、貢献したいを思い、アドバイスや提案を素直に受け止めてくれるでしょう。信頼関係を築くには時間がかかりますが、今後の長い付き合いを考えると大きなリターンが期待できます。

タカヒロ

良い人間関係はお互いを認めるところから始まるんだ!

3分間コーチ ひとりでも部下のいる人のための世界一シンプルなマネジメント術 

わが国のコーチング界をリードする第一人者による、誰にでも、今すぐできて、自然に続く、
究極の人材マネジメント・メソッド。それが、この「3分間コーチ」です。
骨子は、著者がニューヨーク大学での講演でも話し、世界中から集まったコーチ達の喝采を浴びました。
もともとは、アメリカで生まれ、著者は、はじめてそれを本格的に日本に導入したことで知られますが、
それを、日本ならではの人材マネジメント手法として進化させ、それが、欧米からも注目されているのです。

引用:Amazon

残業の多さで評価される職場で働くあなたへ

あなたはデキる部下を育てようと必死に指導をしているのに、あなたの上司がダラダラと残業代を稼ぐ。そんな矛盾した環境では、仕事を効率的にこなす部下を育てることは困難です。

働き方改革をはじめ、仕事を効率化することでプライベートを充実させることが世の中の流れ。それなのに、会社の評価基準がいまだに労働時間であるのは問題です。

労働時間以外に明確な評価基準がない職場では、正当な努力も認められません。

努力が評価される職場を選ぶのも一つの道

「会社の利益に貢献しているのに、その利益を享受されない」

努力が報われない歯がゆさは、ストレスとなって少しずつ心身をむしばんでいきます。小さな不満も積み重なれば、いつか爆発してしまう時がくるでしょう。最悪の場合は、あなたの健康や命が危険にさらされてしまいます。

万が一、あなたが限界を迎えたときにも選択できる最後の逃げ道を用意することを強くおすすめします。

限界に達してから逃げ道を探していては間に合いません。ストレスが限界点に達したときは、しっかりと考えることも、すぐに行動を起こすこともできなくなっているからです。

「いきなり転職は気が進まないなぁ…」という人も、登録しておくだけでも保険のような安心感が得られますよ。

タカヒロ

心身に支障が出る前に行動することで、今の仕事を気楽に感じられるメリットも。

>>良質な企業が多数掲載されている転職サイトはこちら(登録無料!)

転職活動はノーリスク

「次の仕事が見つからなかったらどうしよう…。」

無職の期間は、不安や焦燥感にとらわれてしまいます。すると、どんなに優秀な人も余裕が無くなり転職活動もうまくいかなくなってしまいます。特に、面接は心の余裕が合否を分ける重要な要素の一つ。

タカヒロ

精神的に余裕をもつため、転職活動は在職中に行うのがベスト!

誰しも転職する際に不安や心配を感じてしまいます。そのうえ、毎日の仕事が忙しくてなかなか思うように時間がとれないと、転職活動を始めることすら面倒になってしまいますよね。

そんな方には、転職エージェントが非常におすすめです。プロの力を借りて、効率よく優良会社を探しましょう。

良いサービスを利用することで、ノーリスクでも必ずリターン(=優良企業とマッチング)が得られます。さらに、小さな行動でも起こすことで、「この会社がすべてではない」と感じられるはず。

いざ「転職活動をはじめてみたい!」と思っても、なにから手をつけるべきか?転職サイトと転職エージェントのどちらが良いのか?等々、一歩が踏み出せない人も多いはず。そこで以降の章では、質の高いサービスなのに無料のおすすめサイトを紹介します。

転職サイトと転職エージェントはどちらを登録するのが良いのか?

転職サイトと転職エージェントはそれぞれメリット・デメリットがあります。

転職サイトがおすすめな人
  • まずはどんな求人があるのか見てみたい人
  • 具体的な転職時期は考えてないけど、ひとまず情報を知っておきたい人
  • 転職エージェントからの電話がわずらわしい人
転職エージェントがおすすめな人
  • 具体的に転職を進めていきたい人
  • 一人で転職活動を進めていくのが不安な人
  • 転職に必要な書類などの書き方のアドバイスが欲しい人

転職サイト

ひとまず求人情報が知りたい人、自分に合った職はあるのか知りたい人は「転職サイト」がおすすめです。

なぜなら、無料で登録するだけで多くの優良求人を検索することができるからです。人に急かされず、自分のペースで職を探したい方には「転職サイト」がおすすめです。

しかし、マイペースに求人を探せる分、アクションは自分で起こさなければいけません。具体的に転職を考え始めているのであれば「転職エージェント」に登録をしましょう。求人情報を知りたいだけであれば「転職サイト」への登録だけで良いです。

>>リクナビNEXT公式HPで優良な求人を見てみる

転職エージェント

具体的に転職に向けて動き出したい、一人で進めていくのは不安、という方は「転職エージェント」をおすすめします。

転職エージェントはスタッフとともに相談しながら転職活動を進めていきます。無料で色々なアドバイスをしてくれるので、非常に心強いです。特に初めての転職であれば、転職すること自体が正しいのかどうか不安なことでしょう。知識のある専門のスタッフが一緒に伴走してくれるので、安心感が半端ないです。

スタッフと面談などのやり取りが必要になりますが、その分自分の要望や強みを生かした求人を探すことが出来ます。

タカヒロ

転職の時に必要な書類の書き方も教えてくれるので、すごく心強いですよ。

>>リクルートエージェント公式HPをで相談する

まとめ

仕事が遅い人をデキる人へ変化させる指導方法6選
  1. 遅い原因を知る
  2. 仕事の遅さを感情的に責めない
  3. 進捗状況をこまめに確認する
  4. 改善点を提案する
  5. 上司やメンターに相談する
  6. 良いところは積極的にほめる

仕事の早さだけで人の価値は決まりません。しかし、仕事が遅い人の存在は職場の人間関係だけでなく、会社の利益に影響するため改善する必要があります。

タカヒロ

“仕事の遅い人が、自ら成長するための手助けをする”という心がけが重要です。

どんな職場にも仕事がデキる人とデキない人が存在します。しかし、生まれながらにして仕事が早い人はごく一部。それ以外のデキる人は、本人の努力はもちろんですが、新人時代に受けた良い指導のおかげなのです。

デキない人をデキる人に成長させることができれば、良き指導者への第一歩。あなたは職場の生産性を底上げすることができる貴重な能力を持つことで、会社になくてはならない存在となるでしょう。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる